ドキュメント 0.25時間

コンニチハ、みなさん!
今日は朝から天気もよくカラっとしてて実にいい気分なんですよ~
この辺は23度くらいと風も少しあり上々さ~みなさんのところはどうですか?

さて今日はね、変わった趣向でオイラたちの生態をお見せしようと思って
ある日の夕方、0.25時間つまり15分間の出来事をそのまんまお伝えするよ~
その名も「ドキュメント 0.25時間」
オイラたちの素顔、行動が時間とともに刻々と変わりゆく様、数が多いけどちょっと見てね!

200527_00.jpg

時刻は17:00、クロネコるるはチューチューちゃんと語らいを始めるのであった。
200527_01.jpg
チューチューちゃんは今では、るるの子分だそう

200527_02.jpg
いうことをきかせようと手名付けている

200527_03.jpg
並んで語らう るる、とりとめもない話題なのだろう

200527_04.jpg
顔を近づけ、ひそひそ話か?周囲には計り知れない間柄

200527_05.jpg
「どうにでもなれ~」と激しく戯れ、身もだえする、るる

200527_06.jpg
母性本能?という瞬間も垣間見える

200527_07.jpg
チューチューちゃんを抱きしめることで愛情表現をしようとしてるのか?

200527_08.jpg
愛情の裏返しか?突き放してしまった

200527_09.jpg
一通りの戯れは終わった、満足さがうかがえる

17:02 三毛猫みみ、座敷で
200527_10.jpg
なにやらのぞき込むみみ

200527_11.jpg
みみの郷愁をさそう、使い古したベッド

200527_12.jpg
そこに何かを求めて入り込むのであった

200527_13.jpg
入口が狭く、簡単には入れない

200527_14.jpg
ほぼ全身が入ったが、それにしても見事なシッポである

200527_15.jpg
「あ~懐かしいわ~」とおさなごだったあの頃がよみがえる

200527_16.jpg
しばらく、あの頃を慈しむように落ち着き始めた

200527_17.jpg
全身をすっぽりと包み込まれ、思い出にひたるみみ、あの良き時代はいずこに

17:07うっそうとした飾り棚をうろつく、茶トラのとら次郎
200527_18.jpg
とら次郎はニャンコ探偵団で熱血漢でもあるという噂だ

200527_19.jpg
その行動力、一体なにがそうさせるのか?

200527_20.jpg
あちこちのぞきこむとら次郎

200527_21.jpg
上からのぞき込むのもお手の物

200527_22.jpg
何を探しているのか?そんなことを聞いても答えはないのだろう

200527_23.jpg
尻を突き出し、一切の見栄や虚飾を拒否した彼のガムシャラ人生(猫生)

200527_24.jpg
「おじゃましま~す」とのれんをくぐるが、残念、食堂ではなかった

200527_25.jpg
探索を終えたとら次郎、今日も求めるものは見つからず、次なる行動は?

17:13 とら次郎とみみは二階で確認された
200527_26.jpg
向こうに待ち人はいなかった

200527_28.jpg
みみが、一言「そのうち、秋あたり会えるわよ」

200527_27.jpg
しかし、秋まではとら次郎にとっては長い果てしない道のりと思えた

200527_29.jpg
熱心に待ち人を待つとら次郎、みみがそばで支える

200527_30.jpg
みみも思わず、立ち上がり、心境の変化か?

200527_31.jpg
少し落胆も、みみの支えにほっとしたのか、その表情には希望の兆しがうかがえた

17:14 清水の舞台(本棚の上)にとら次郎の姿はあった
200527_32.jpg
忍者への道は途方もなく遠い、今日はどうする?

200527_33.jpg
懸案のせまいとこ(ドアの上)のっかりは、すぐ断念したのであった。忍者への道は遠い

17:15 リビング入口でるるが確認された
200527_34.jpg
みみととら次郎の帰りをまっていたのであろう、意外と心優しいるるであった

わずか0.25時間のうちに、ニャンコの様々なドラマが繰り広げられるのだ。
さしずめ凝縮されたニャンコ模様というべきか。

200527_35.jpg

さて、オイラたちのドキュメント0.25時間、いかがでした?
たった15分の間だけといろんなことしてるんだよ~
ニャンコの人生は人よりずっと短いからね、人よりも短時間の間にいろんなこと経験するのさ~
この限られた短い時間のことをムダにしないようにしないと!

またいつかドキュメントをお見せしたいな~
いつもご覧いただきありがとうございます


≪防災安全協会認定 高防水ターポリンリュック採用≫ 防災セットLA・PITAシリーズ ≪防災安全協会認定 3WAYキャリーリュック採用≫ ものずごい防災セットシリーズ

コメント

非公開コメント