博士とら次郎、2021年ここまでの活動報告であります!(2)

こんにちは、みなさん!
天気いいけど今日も寒いね~、雪も少しだけど降ってね。
ところで五輪組織委員会のトップが決まったね。いろいろゴタゴタあったけど、
決まったからには、ものすごく大変だけど諸問題の解決にしっかりと当たって欲しいね。

2021年ここまでの博士とら次郎、活動報告の続きであります。
え~まずは、エッヘン、ゴホッゴホッ!

さて助手の扱い、どうしようか悩んでおったのです。少しはっぱをかけるためにも、
NASAでいいのがいたらそっちに代えるとか言ってプレッシャーをかけようと考えていたのです。
210218_01.jpg
そんなある日、お昼ごはんですが、腹がずいぶんすいてたのですね。
焼きそばに出前のチャーハン、お~いい組み合わせだな~
でも重要案件NASAへの電話は先に済ませておかねばと。

NASAは真夜中ですが、ちゃんと交代で勤務しております。
ちょっと、向こうのビルの人のお昼ごはんが気になったものでチェックしながらです。
210218_02.jpg
一応、いい助手いないか話はしました。これでうちの助手が気合いれて発奮するかどうかです。
しばらく様子をみましょう。

さて本題に入りまして、太陽に一番近い惑星、水星のことでご報告です。
1月24日水星の東方最大離角というイベントがありました。

210218_03.jpg
水星は87日で太陽を一周してますのでしょっちゅうこの最大離角があります。

1月24日のちょっと前ですが撮影した水星です。
210218_04.jpg
日没数十分後ですが意外と高いです。水星と知らないで実は見ていたという人も多いと思います。

これは望遠鏡で拡大して撮影したものです。半月のような形ですね。
210218_05.jpg
水星は小さいですし、太陽の近くにあり、高度も低く地球からはよく見えないのですね。
こんなふうにしか見えません。

これは参考までに近くまでいった探査衛星の画像です。
210218_06.jpg
月に似てますよね。初めてこんな画像が確認されたときは月にそっくりなんで、
世界中の人がびっくりしたようです。

ところで地動説で有名な天文学者のコペルニクス、彼は水星を生涯見ることがなかった?
のではという有名な逸話があります。
コペルニクスが住んでたところは低い空がいつも晴れなかった、水星以外の惑星、
それらは自分で観測したデータがあったのに、水星だけは過去の人のデータを使っていた。
これらから、水星を生涯見なかったのではという逸話になってます。ちょっとビックリですね。
実はワタクシも今回、初めて水星を見たのですよ~これ、内緒、ここだけの話にしてくださいね。

さて、再びオリオン座のことに戻ります。
実はワタクシ、オリオンにあこがれてまして、一度なってみたいと思っておったのです。
210218_07.gif
お~カッコイイ!勇ましい姿!
大星雲M42はちょっと恥ずかしいですが、ワタクシの股間あたりにございます。
助手が気を利かせてこれを作ってくれたのですがこれでだいぶ点数稼ぎましたね。
とりあえずNASAへは出前注文、いや助手のことは断ることにしました。

これは前回お話した複数枚の写真を重ね合わせるコンポジット技法を使った大星雲です。
210218_08.jpg

一昨日のは1枚だけの画像でしたが、こちらのほうがキレイに、淡いところまで映ってますね。
これからもこの重ね合わせの技法で助手にいろいろと撮影させていこうと考えております。

さて、このあとは5月にスーパームーン皆既月食、他にもこまごまと地道に観測活動し、
次回報告させていただきます。ご清聴ありがとうございます!

かしこ 博士とら次郎


≪防災安全協会認定 高防水ターポリンリュック採用≫ 防災セットLA・PITAシリーズ ≪防災安全協会認定 3WAYキャリーリュック採用≫ ものずごい防災セットシリーズ

コメント

非公開コメント

No title

博士、遅いコメントですみません。
水星って本当見る機会が少ないですよね。
意外と天文ファンでも見たことない人がいるくらいですから。
バッチリ撮影されていて素晴らしいです。
そして、もっと素晴らしいのはM42の写真。
コンポジットによてノイズ感が減り、強調に耐えるようになってますね。
復活されて、すぐにこれだけの画像を作り出せるなんて・・・。
あ~、とうちゃんの技術に追い越されるのは時間の問題だぁ~。
(間違って拍手の方にコメントしちゃいました)

Re: No title

> 博士、遅いコメントですみません。
> 水星って本当見る機会が少ないですよね。
> 意外と天文ファンでも見たことない人がいるくらいですから。
> バッチリ撮影されていて素晴らしいです。
> そして、もっと素晴らしいのはM42の写真。
> コンポジットによてノイズ感が減り、強調に耐えるようになってますね。
> 復活されて、すぐにこれだけの画像を作り出せるなんて・・・。
> あ~、とうちゃんの技術に追い越されるのは時間の問題だぁ~。
> (間違って拍手の方にコメントしちゃいました)
eclさま
コメントありがとうございます。うちのちっこい博士もよろこんでました。水星、実は今回初めてだったんです。今まで特に見たいとも思ってなかったんですが、木星土星と接近するとかで、結局それは見れなかったのですが、最大離角付近に見てみようかと思い立ったのです。それと確かにコンポジット処理でよくなりますね。しかしeclさんの星野写真など見ると、まだまだだなと思ってしまいますし、いろいろ教えてもらうこともあると思います。よろしくお願い致します。